2021年12月30日木曜日

スクーリングと登校日の違い

 

こんにちは。

精華学園高校 福岡東校の山口です。


さてさて、当校は通信制高校の為、住んでいる地域に関係なく、高校に通っていただくことが可能です。

ただ遠方の方が毎日通うのは現実的に難しいので、登校日のスケジューリングを考えていくわけなのですが、その中で混乱が生じやすいワードがあります。

今日はそのご説明をさせていただこうと思います。

 

それは、「スクーリング」「登校日」です。

 


いわゆる全般の通信制高校は、基本が自学自習なので、自宅で一人で勉強することが多いと思います。

その為、「スクーリング(面接指導)」が単位修得の条件に含まれています。

スクーリングは、先生から直接指導を受けたり、わからないことを質問したりして学習の理解を深める大切な時間です。

 

単位によってスクーリング受講回数も違うのですが、ほとんどの方が驚かれるほどスクーリング時間は少なく定められています。

その為、社会人の方やスポーツと両立されたい方など、本業と通信制高校の勉強を二重で頑張る!という現実が可能になります。

毎日通う全日制高校とは、全く考え方が違いますね。

 

当校はサポート校ではなく、全国にある精華学園高校の中の校舎の一つなのですが、他の通信制高校と少し違って、「フリーコース」や「週2日コース」等、登校をスクーリング回数よりも、かなり多く設定しているものがあります。

 

それは、

家での自学自習だけでは勉強(レポート作成)に不安がある生徒も多いため、登校日を多めにして、学校で勉強する時間を確保する、という理由が一つ。

また、当校には不登校を経験したことのある生徒も多く通っており、いつか就職するとなれば週5日は家から外に出ることになるでしょう。それまでに少しでも多く家から出る習慣をつけたいと、多めに登校日を設定したのが二つ目の理由です。

 

ほとんどの生徒は、不登校を克服して週2コースで通い、その他の曜日はバイトをしたり、習い事をしたり、自分の時間を楽しんだりと充実した日々を過ごしているようです。

 

更に2年生以降になると、勉強や生活のリズムが整っているので、登校日をより少なめのコースへ変更することもできます。

 

しかし純粋に「高校卒業資格を取ることだけが目的です!」ということでしたら、スクーリングの必修回数をクリアすればいいことになります。



しかし当校では、履修科目とは別にビジネス関連やコミュニケーション等、社会に出たときに役に立つ授業や体験を特別活動として多く取り入れています。

正直に言いますと、普通の通信制高校だったら必要のない授業です。

 

「遠方に住んでいるので」「仕事と両立したいので

その他、体調や様々な理由で学校に通う日を少なくしたいという方は、多すぎる特別授業や多すぎる登校日は除いて、決められたスクーリングの日に登校。

レポートとテストをクリアして、高校卒業資格をとることが最優先、ということも可能です。

更に言いますとスクーリングは映像授業等で一部代替が認められているものもありますので、忙しい方には更に可能性が広がりますね。



いろんな方が通う通信制高校だからこそ、それぞれに合う高校生活があります。

「こんな場合はどうなんだろう」悩んでいる方は一度相談してほしいです。

電話でも、ホームページからでも構いません。

年末年始は休校の為、お返事に時間がかかる場合もあります。

その際は、ご了承ください。

 

それでは、皆さまにとって、本日がいい日になりますように!!


0 件のコメント:

コメントを投稿

初めての方は、まずはこちらをご覧ください

精華学園高等学校 福岡東校って、どんな学校?

人気の記事